手刷り印刷屋「後藤ガリ版印刷所」|福岡県うきは市|レトロなイラストの販売|印刷ワークスペース、ワークショップ|

自分で印刷 エンボス紙

紙・布・木への印刷実験

ガリ版は1つの版で異なる素材に印刷することができます。
それぞれの印刷のコツを調べるため実験してみました。

紙に印刷

クラフト紙・ケント紙・エンボス紙に印刷。
結果…
自分で印刷クラフト紙
クラフト紙
自分で印刷 ケント紙
ケント紙

クラフト紙・ケント紙などのつるつるした紙→ローラーを軽く2回かける!

油を絵具に入れすぎるとにじむので注意!
表面がつるつるした紙はくっきりはっきり印刷できます。細かい線のニュアンスを出したいときは最適ですね。
自分で印刷 エンボス紙
エンボス紙
エンボス紙などざらざらした紙→ローラーを強めに1回!
表面に凹凸があり擦れやすいので、力は強めがいいようです。

布に印刷

ガリ版で自分で布に印刷できると知ったときは感動しました…。ポリエステル素材の布と麻布に印刷します。
自分で印刷ポリエステル布
ポリエステル布
自分で印刷麻布
麻布

布印刷→絵具に油を多めに入れ、じっくりゆっくり強く布に絵具を染みこませるようローラーをかける。

滑らかな表面の布はくっきりはっきり印刷できます。

木に印刷

自分で印刷した木

木→にじみやすい!油少な目にする。力をあまり入れず軽めに1回。

木への印刷は少し擦れてるぐらいが個人的にはきれいだな~と思います。
版のサイズや絵柄の細かさでコツは変わると思います。
まだまだ実験が必要ですね!
印刷してみたい!と思った方、ぜひ印刷教室へお越しください。

「紙・布・木への印刷実験」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ガリ版実験~たくさん印刷するときのコツ~ | 手刷り印刷屋「後藤ガリ版印刷所」|福岡県うきは市|レトロなイラストの販売|印刷ワークスペース、ワークショップ|

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です