手刷り印刷屋「後藤ガリ版印刷所」|福岡県うきは市|レトロなイラストの販売|印刷ワークスペース、ワークショップ|

海辺のカモメ市に出店しました。

門司港で定期的に開催されているマルシェ「海辺のカモメ市」に参加しました。会場やお客様の様子などを紹介します!

◆会場は門司港レトロ広場◆

福岡県北九州市門司区にある門司港レトロ広場が会場です。周辺にはレトロな建物が多数あり、おしゃれな雰囲気。

港なのでかなり風が強いです!私はステージ上のブースだったからかもしれませんが、ワークショップの材料が飛んでしまったり、看板が倒れたりしました。
テープで固定したり、看板には重しをつけたり風対策はしっかりすべきだったな、と思いました。
門司港海辺のカモメ市

◆搬出入◆

会場の近くに搬出入用の駐車場があり、スムーズに搬出入することができました。朝早くから誘導の方が立ってくださっています。
駐車場も広くて駐車しやすいので、運転苦手な私にはありがたかったです。
運営スタッフの皆様も親切な方ばかりでした^^

◆お店の様子◆

オシャレで素敵な店がたくさん!食べ物のお店は少なくて、アクセサリーやクラフトのお店が多い印象でした。多分、50店くらい出展していたと思います。

◆お客様の様子◆

オシャレな人ばかりです。女性が7割くらいかな。家族連れの割合も多いので子供の姿もたくさん見ました。そして子供たちのお洋服もおしゃれ…!

一人で来られている方もたくさんいました。

開場前からたくさんの方が列を作って並んでいました。人出も開場後が一番多い印象でした。15時以降は徐々に減っていきました。(これはどこのマルシェも同じ傾向ですね^^)

◆ワークショップ◆

ステージ上でガリ版ワークショップをおこないました。
内容は好きな絵柄をお客様に選んでいただき、メッセージカードを作るというもの。
絵柄は難易度を変えて5つ用意しました。
子どもたちがたくさん体験しに来てくれました。
小さい子にはお姉ちゃんが教えるのを手伝ってくれたり、かわいかったです。
幼稚園以下は力が弱いので、私や親御さんが手伝おうとするものの自分でやる!と聞かない子も…。
うまくいかなくても自分でやった!ってことが本人の満足になるのかな、と思ったので、結局本人に最後までやってもらいました。

いろんな子がいるけれど、自分でやりたい!って気持ちの強い子が多い印象でした。
外国人の女の子が体験してくれました。
福岡で働いているそうです。
子どもからお年寄りまでいろいろな方にガリ版を体験していただけ嬉しかったです!
線がいいね~とかぱっと印刷ができるのがすごいなど嬉しい感想をいただきました。
ガリ版雑貨の売り上げはイマイチだっので要改善だな…と反省も(笑)
今月もマルシェ「はなうた」に出店し、ワークショップを行う予定です。
興味のある方はぜひご来場ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です