手刷り印刷屋「後藤ガリ版印刷所」|福岡県うきは市|レトロなイラストの販売|印刷ワークスペース、ワークショップ|

手描きイラスト画像加工➂~色の大きさや変更~

私はアナログ好きの人間ですが、イラストの色や大きさを容易に変更できる!という点でやはりデジタルは便利だな~と思います。
ただ、いかにデジタルが便利といえど漫然と加工をすると、手描きの風合いが損なわれてしまうことも…。

手描きの風合いを生かした私なりの画像加工のコツを紹介します!

◆Photoshopで色の変更◆

まずは線画を一括で色変更する方法を紹介します。手描きイラストの背景をキレイにとりのぞく方法は「手描きの線画イラストの背景をきれいに消す方法(フォトショップ)」の記事で紹介しています。
色の変更はトーンカーブなどの色調補正ツールを使う場合もありますが、これには苦手な色があります。それは…

です…明度・彩度ともに変更が難しいのです。私が色を変更したいときは「ダブルトーンモード」を利用します。
まずは編集したい画像を開きます。
「イメージ」→「モード」→「ブラックスケール」→「統合」→「破棄」
データが白黒の2階調になります。
「イメージ」→「モード」→「ダブルトーン」
でてきたウィンドウの色の窓(下記画像参照)をダブルクリックします。
変更したい色をクリックします。
色の名前の欄に任意の名前を入力しOK。
色が変更できます。

◆Photoshopで大きさの変更◆

Photoshopで背景を削除した画像を回転させたり、大きさを変えたりすると境界線がボケてしまうことがあります。

背景を削除する前に大きさや回転をかければ防げるのですが、背景無し状態で編集するほうが便利という場合も多々…。
ボケてしまったときは「フィルタ」を使いましょう。
フィルタをかけたいレイヤーを選択し、
「フィルタ」→「シャープ(強)」または「シャープ(輪郭)」
くっきりした画像になりました!
アナログ・デジタル両方を上手に使って素敵なイラストを作りましょう♪
もっと詳しく勉強したい方は後藤ガリ版印刷所の教室へぜひお越しください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です